自社メディアの立ち上げを検討をしていても、オウンドメディアとホームページの違いを理解して考えられていない場合があるかもしれません。

オウンドメディアとホームページのどちらが自社のビジネスに最適な手法なのか、目的を達成するために適しているのはどちらなのかを明確にするには、両者の違いを知ることが重要です。

オウンドメディアとホームページの違いや特性について、運営目的、ターゲット顧客、コンテンツの内容や更新頻度など、さまざまな観点からを確認していきましょう。

オウンドメディアとホームページの違いを理解する必要性

オウンドメディアとホームページの違いを理解することは、Webマーケティングにおいて極めて重要です。

なぜなら、どちらを選択するかでビジネスの成功や目的の達成に大きな影響を与えるためです。

効果的なWeb戦略を実践するには、自身のビジネス目標やターゲット顧客に合致するものを選び、それぞれの利点を最大限に活かすことが求められます。

その前提として、オウンドメディアとホームページの特性を理解することは欠かせません。

自社ビジネスに最適な媒体を選択できるよう、オウンドメディアとホームページの違いについて見ていきましょう。

オウンドメディアとホームページとは何か

まず、オウンドメディアとホームページの違いを見る前に、それぞれどのような性質をもつのかを確認していきましょう。

オウンドメディアとは

一般的にオウンドメディアとは、企業や個人が発信したいメッセージをコンテンツとして制作し配信するために運営するプラットフォームのことを言います。

その形態はブログ、Webサイト、SNS、メールマガジンなどさまざまです。

オウンドメディアは、顧客にとって価値のある情報を提供する「顧客視点」を特徴とし、扱う情報は自社製品やサービスと直接関係するものに限りません。

オウンドメディアはWebマーケティングにおいて一般的な手法となっており、多くの企業がオウンドメディアをもち、アーンドメディア(消費者などが発信するSNSなど)やペイドメディア(有料広告など)と組み合わせて展開をしています。

ホームページとは

ホームページとは、企業や個人がオンライン上で情報を提供するためのWebサイトを指し、企業の運営するホームページは「コーポレートサイト」や「公式サイト」などとも呼ばれるものです。

企業の製品やサービス、連絡先、営業時間、アクセス方法などの情報を提供するとともに、問い合わせフォームなどを通じて閲覧者が企業とコンタクトを取る窓口としての役割も担います。

ホームページは情報提供のツールであると同時に企業の顔としても機能するため、良質なホームページ運営はブランディングの観点からも重要です。

オウンドメディアとホームページの違い

オウンドメディアとホームページの違いを、より具体的に見ていきましょう。

オウンドメディアとホームページの違いを理解することで、自社の目的にはどちらが適しているかを考えることができます。

運営目的とターゲットが違う

オウンドメディアは、閲覧者に有益な情報の提供や専門知識の共有を通じて、顧客との接点をつくることを目的とします。

オウンドメディアの大きな役割は、発信された情報を有益と感じる閲覧者を「自社の製品・サービスを知らない人」を含めて「潜在顧客」として集客することです。

一方、ホームページは、閲覧者が製品やサービスについての具体的な情報を収集する場なので、そのターゲットは「その企業や製品・サービスを知っている人」すなわち「顕在顧客」となります。

ホームページでは顕在顧客が求める情報の提供に焦点が置かれ、購買に直結する行動を促します。

オウンドメディアとホームページにはその目的とターゲットに大きな違いがあり、オウンドメディアは潜在顧客を集客する媒体であるのに対し、ホームページは製品やサービスなどの顕在顧客を購買につなげるための媒体であると言えます。

コンテンツの内容が違う

オウンドメディアは潜在顧客の集客を目的としているので、そのコンテンツは閲覧者の課題を解決するものや、関心のある話題について情報提供するものが中心です。

例えば、業界の最新トピックスやその分野の専門知識などが挙げられるでしょう。

閲覧者にとって有益なコンテンツを展開することで、広告料などの費用をかけずに集客を行い、結果的に購買行動に近づけることが狙いです。

一方、ホームページの主なコンテンツには、製品・サービスの情報や連絡先などをはじめ、企業のビジョンや歴史などが含まれます。

これらの情報を求めるのはすでに製品・サービスや自社に関心のある顧客であり、幅広い集客を目的としたものではありません。

このように、オウンドメディアのコンテンツは潜在顧客の関心や問題意識に沿うものであるのに対し、ホームページのコンテンツは顕在顧客に向けて主に製品やサービスの具体的情報を発信するものであり、その内容に大きな違いがあります。

コンテンツ更新頻度が違う

良質なオウンドメディアでは、コンテンツが頻繁に更新されることが多いです。

その理由は、有益なコンテンツを多数提供することによってメディアの信頼性が高まり、集客力が向上するためです。

一方、ホームページに掲載される製品・サービスの情報や企業情報は、通常ある程度固定されているため、頻繁な更新は一般的にあまり必要とされません。

ブランディングのアプローチが違う

オウンドメディアもホームページも企業のブランドを発信するメディアとしての役割をもちますが、そのアプローチ方法は異なります。

オウンドメディアではコンテンツのテーマや発信するメッセージを柔軟に工夫するなど、コンテンツを通じて閲覧者に企業のブランドに対する認知を広げるのが特徴です。

一方、ホームページではコンテンツの内容が比較的固定されていることから、ブランドイメージの確立にはロゴやカラーなどのビジュアル的側面がより重視されます。

設計の自由度が違う

オウンドメディアもホームページも自社で所有・運営する媒体なので、設計の自由度は比較的高いと言えますが、その程度には両者に違いがあります。

効果的なオウンドメディア運営では、コンテンツやデザインをマーケティング戦略に合わせて常に適正化することが求められるため、サイト設計やコンテンツの細部まで自由度が極めて高いのが特徴です。

一方、ホームページの情報は比較的固定されており、その中にはマーケティング戦略が変更されても大きく変わらないものが多数含まれます。

そのため、頻繁な変更はあまり必要とされず、設計の自由度はホームページ全体のデザインによって制限されることがあります。

アクセス獲得方法が違う

オウンドメディアの閲覧者は、自身の関心や問題意識に従い、検索やSNSなどから有益と考えられるコンテンツを訪問することが一般的です。

オウンドメディアの多くの場合、そのアクセスは特定のメディアや運営企業を目指したものではありません。

一方、ホームページへのアクセスは直接的なものが多く、例えば特定のURLの入力やメディア名、企業名などでの検索、広告からの流入などが挙げられます。

閲覧データからわかることが違う

オウンドメディアやホームページの運営において、閲覧データの分析とレビューおよび改善は重要ですが、データからわかることはメディアによって異なります。

オウンドメディアでは、多数のコンテンツに対する閲覧行動から、潜在顧客の関心事や課題、すなわちニーズを分析することができます。

顧客ニーズが明らかになると、サイト運営にはもちろん、マーケティング戦略全体の改善に役立ちます。

一方、ホームページの閲覧データからは、顕在顧客にとって使いやすいサイトに改善するための情報を得ることはできますが、コンテンツが固定化されている性質上、顧客ニーズの把握には適しません。

オウンドメディアとホームページの違いを理解しよう

オウンドメディアは潜在顧客、ホームページは顕在顧客がターゲットであることをはじめ、両者には運営目的やコンテンツの内容、更新頻度などにおいて多くの違いがあります。

効果的なWebマーケティングを実践するには、目的に合ったメディアを選択することが極めて重要です。

出版社とSEO会社が協働し提供する記事作成代行とオウンドメディア運営サポートサービスである「トドキジ」では、各ビジネスにおいて最も望ましいメディアの形を提案するとともに、その立ち上げや運営についての戦略策定をサポートします。

オウンドメディアとホームページの違いについて理解を深め、ビジネスの成功のために最適な媒体でメディア運営を考えているのであれば「トドキジ」にご相談ください。