多くの企業が運用しているオウンドメディアは、マーケティングや広報、採用の手段として、幅広い目的で活用されています。

しかし、具体的にオウンドメディアをどう活用すればいいかわからなかったり、オウンドメディアを運用しているもののうまく活用できていない場合もあるかもしれません。

オウンドメディアは、運用の目的やメディアの種類によってさまざまな活用方法があり、適切に活用するためには押さえるべきポイントがあります。

オウンドメディアの活用について、基本からしっかり理解したうえで、自社にあった活用について考えてみましょう。

オウンドメディアの活用とは

オウンドメディア(Owned Media)とは、企業が所有するメディアの総称です。

オンライン・オフライン、企業向け(BtoB)・消費者向け(BtoC)を問わず、すべてのメディアを含みます。

企業のオウンドメディアには主に次のようなものが挙げられます。

オウンドメディアは、顧客にとって価値のあるコンテンツを提供し、自社が伝えたいメッセージを発信することで、サービス利用者や採用候補者の獲得、ブランディングなどに活用することができます。

  • WEBサイト
  • ブログサイト
  • メールマガジン
  • SNS
  • パンフレット
  • 広報誌

また、オウンドメディア内で資料請求やお問い合わせといった行動に誘導することで、リード情報の獲得に活用している企業も多くあります。

さらにオウンドメディアは効果的に活用できれば、Web広告や他社メディアへの掲載と比較して、費用対効果が高い傾向があります。

オウンドメディアの活用は、現代のビジネス環境において企業が競争力を維持し、成長を続けていくために必要不可欠なものとなっているのです。

オウンドメディアの活用方法

オウンドメディアの具体的な活用方法を具体的に見ていきましょう。

ブログやメールマガジンで専門知識や情報を共有する

ブログやコラム、メールマガジンなどのオウンドメディアで、専門知識や業界の最新情報などを定期的に発信し共有することで、企業や個人からの信頼性を高めることができます。

自社が持つ専門的な知識やノウハウを証明できる高品質なコンテンツを提供することは、企業のブランディングや競合他社との差別化につながり、顧客エンゲージメントやSEO(検索エンジン最適化)にもよい影響を及ぼします。

ターゲットオーディエンスの興味を引き続けるために、業界の企業が抱えがちな課題の具体的な問題解決方法や、トレンドの解説などの記事を、毎日であったり週に数回の頻度で定期的に発信することが求められます。

SNSで双方向のコミュニケーションをとる

Twitter、Instagram、Facebook、LinkedInなどのSNSでは、情報を発信するだけでなく、コメントやアンケートなどを通じて双方向のコミュニケーションをリアルタイムでおこなうことが可能です。

伝えたい情報をわかりやすくまとめた画像(インフォグラフィック)や動画、ブログ記事など、価値のあるコンテンツを定期的に投稿し、コミュニケーションを図ることで、ターゲットオーディエンスとの信頼関係を築きコミュニティ感を高めることができます。

また、フォロワーから商品やサービスについてのフィードバックを受けて改善につなげたり、開発の裏側や日常の様子を発信してブランドの透明性を高めたりすることも有効な活用方法です。

SEOでコンテンツの検索順位を向上させる

SEO(検索エンジン最適化)は、Web検索のニーズに合うコンテンツを作ることで、検索順位をアップしオウンドメディアのアクセスを増やす手法です。

ブログやコラムなどでせっかく高品質なコンテンツを作っても、ターゲットオーディエンスに閲覧されなければ意味がありません。

SEOでコンテンツの検索順位を向上させ、オウンドメディアへのアクセスを増やすことで、オウンドメディアによる企業やサービスの認知拡大が可能になり、競合他社との差別化や競争力強化を図ることができます。

訪問者の情報収集で戦略を最適化を行う

オウンドメディアでは、アンケートフォームや問い合わせフォームを設置して訪問者から情報を収集したり、アナリティクスツールを使用してサイト上での行動履歴やコンバージョン率などのデータを収集することが可能です。

収集した情報を分析し、訪問者の傾向や興味を把握して、コンテンツ戦略やマーケティング戦略を最適化することで、企業の競争力を向上させることができます。

まずはどのような情報の収集が必要かを考え、目的やターゲットにあわせて、ツールの選定や設置するフォームの内容、フォームへの導線の設計などをおこないましょう。

オウンドメディアを活用する効果

オウンドメディアを活用することで得られる効果を具体的に見ていきましょう。

サービス利用者やリード情報の獲得

オウンドメディアは、自社の商品やサービスに関連する有益なコンテンツを提供し、多くのユーザーに興味を持ってもらうことで、見込み客となるユーザーを集めることができます。

一般消費者向けに健康食品を提供する企業なら、健康に関するトレンドや悩みの解決方法などを紹介するオウンドメディアを運用すれば、健康意識の高いユーザーや悩みを抱えるユーザーを集められるでしょう。

自社の商品のターゲット層をオウンドメディアに集めることで、幅広い層に向けた広告を出稿するのとは異なり、低予算で効果的な訴求ができます。

また、勤怠管理システムなどのビジネス向けサービスを提供している企業であれば、お役立ち情報の紹介や自社サービスの訴求をするだけでなく、オウンドメディア上に資料請求フォームやお問い合わせフォームを設置し誘導することで、リード情報を獲得することができます。

オウンドメディアでは作成したコンテンツが蓄積されていくため、これらの効果を長期的に発揮できる点もメリットです。

認知拡大とブランディング

オウンドメディアを活用すれば、企業自体や商品・サービスについての認知を広めたり、ブランド価値を高めたりすることができます。

ユーザーにとって有益なコンテンツの作成を、SEOを意識したキーワード選定やSNSでの拡散とあわせておこなうことで、幅広いユーザーに企業やサービスについての認知を拡大できます。

また、オウンドメディアは自社で自由に管理できるため、自社のビジョンや価値観をユーザーに正確に伝えることができ、ブランドイメージを構築しやすいのもメリットです。

ホワイトペーパーやウェブセミナー、メールマガジンなどのコンテンツを活用し、ユーザーとの長期的な信頼関係を築いていくこともできます。

採用候補者の獲得

オウンドメディアを活用し、自社の内部や社員についての情報を発信している企業もあります。

企業や社員のありのままの姿を伝えることで、求職者が企業に興味を持つきっかけになり、採用候補者の獲得につながります。

また、自身の価値観や希望する働き方と合致するかの判断材料にすることができ、入社後のミスマッチを防止できる効果もあります。

オウンドメディアを活用するためのポイント

オウンドメディアを活用するためには、ポイントを押さえた運営やコンテンツの制作をする必要があるので、オウンドメディアを運営する目的と目標を明確にしましょう。

リード情報の獲得を目的とするオウンドメディアなら「月〇件の問い合わせ獲得」、採用候補者の獲得を目的とするオウンドメディアなら「月〇件の応募獲得」など、具体的な数値を設定することで、オウンドメディア運営の方向性を定めることができます。

オウンドメディアの目的や目標を達成するためには、目的に沿ったターゲットやペルソナを設定し、ターゲットのニーズを把握した上でコンテンツを作成することも重要です。

ユーザー目線で価値の高いコンテンツを提供し続けられるよう徹底することが、企業やサービスへの信頼を高めることにつながります。

また、コンテンツが完成した後も、公開後の効果測定と改善を続けていくことが重要になります。

検索順位が下がったりコンバージョン率が低い記事については改善をおこない、長期的に効果を発揮できるコンテンツになるよう運用していきましょう。

オウンドメディアを活用したいならトドキジ

ブログやメールマガジン、SNSなどのオウンドメディアは、集客やブランディング、採用などさまざまな目的で活用することができます。

オウンドメディアを立ち上げること自体は難しくはありませんが、オウンドメディアならではの活用方法で最大限の効果を得るためには、戦略を練ったうえで自社の専門性を活かした有益なコンテンツを提供したり、SEO対策や効果測定と改善を重ねていく必要があります。

自社にSEOやコンテンツ制作ができる人材がいない、売上に貢献できるメディアを作るための戦略がわからないという場合は、外部サービスを利用するのも良いでしょう。

記事作成代行サービスの「トドキジ」では、出版社とSEO会社がそれぞれのノウハウを用いてキーワードのプランニングや企画・編集をおこない、高品質な記事によりオウンドメディアの成功をサポートします。

オウンドメディアを活用して効果的な集客やブランディングをおこないたい場合は、ぜひトドキジの利用をご検討ください。