オウンドメディアは、企業が独自で保有しているサイトのことで、主に企業の事業やサービスへの集客や宣伝を目的として立ち上げるというケースが増えています。

Webからの集客という部分の重要性が増す中で、さまざまな企業がオウンドメディアを持つようになっています。

しかし、オウンドメディアは立ち上げ手順が適切でなければ、立ち上げた意図や目的が不明瞭となり、オウンドメディアで達成したかった目的や効果をうまく得ることができません。

適切なオウンドメディアの立ち上げ手順を理解し、オウンドメディアの立ち上げ手順の重要性や、立ち上げ手順が不適切な場合の影響を確認していきましょう。

オウンドメディアの立ち上げ手順が重要な理由

なぜオウンドメディアの立ち上げ手順は重要になるのでしょうか。

効果的なオウンドメディアとして活用するためには、オウンドメディアの立ち上げ手順の重要性を理解してから制作に動き出しましょう。

ターゲットを設定するため

オウンドメディアは、ユーザーのニーズに対応することが求められているため、あらかじめターゲットを定めることが必要です。

ターゲットが定まっていないと、メディアの方向性や内容、運用方針に至るまで適切に設定することができません。

また、ユーザーが何を求めているのか、自分たちのサービスや会社のユーザーやターゲットにどのような情報を提供するのかも含めて考えていく必要があるでしょう。

オウンドメディアを成功させるためには、市場調査やターゲットの分析など慎重に行って、メディアの構成やコンテンツ内容に落とし込んでいくことが重要です。

メディアの方向性を決めるため

ターゲットを設定したあとは、メディアの内容やコンテンツの展開などを設定する必要があります。

メディアの方向性が定まっていない場合、メディアを立ち上げても失敗する可能性が高くなるでしょう。

メディアは、ターゲットを決めたからといって必ずしも内容が決定するわけではありません。

ターゲットのニーズや訴求したい内容によって、どのような内容の記事を書くのか、最終的にどのような結果を得たいのかなどの方向性を決めなければ、動き方も変わってきます。

メディアの方向性をしっかりと決めることで、ブランディングや発信する情報も定まってくるはずです。

達成したいことなどからメディアの方向性を定めて、サイトやコンテンツ展開を考えていきましょう。

>期間やコストを定めるため

オウンドメディアを立ち上げる際は、制作から公開までのスケジュールや、公開までにかかるコストを設定する必要があります。

しかし、コストやスケジュールを設定するためには、オウンドメディアがどのような内容で、どのように運用していくのかなど、立ち上げ段階で決定しておくことが大切です。

期間やコストが決まらなければ、スピード感を持った作業ができず、無駄な出費が増える可能性も考えられます。

正しい手順で立ち上げるためにも、具体的なスケジュールやコストを決めることが大切です。

制作体制を整えるため

コストとスケジュールを決めた後は、制作体制を整える必要があります。

どのような体制で進めていくのか、運営スタッフの人数など、制作体制を決めなければ立ち上げも上手く進みません。

また、記事の制作を外注するのか、編集は誰が行うのかなども具体的に決めることも、オウンドメディアの立ち上げ手順として重要なポイントです。

オウンドメディアの立ち上げを成功させるためにも、細かい内容まで決めることが必要不可欠です。

目的を達成するため

オウンドメディアは、目的があって作成されます。

たとえば、企業の知名度を上げるためであったり、商品の紹介をするためであったりと、さまざまな目的がオウンドメディアの立ち上げ理由として考えられるでしょう。

オウンドメディアを立ち上げることによって目的を達成させるためにも、オウンドメディアが失敗しないための立ち上げ手順が重要です。

また、達成したい目的によっては決めるべきことや、立ち上げの手順も異なる場合があるので、何のためにオウンドメディアの立ち上げをするのかという根本的な軸を明確にしましょう。

オウンドメディアの立ち上げ手順が不適切な際の影響

オウンドメディアの立ち上げ手順が不適切である場合、どのような影響が生じてしまうのでしょうか。

オウンドメディアの立ち上げ手順が不適切な際の悪影響やリスクについて確認していきましょう。

集客に失敗してしまう

立ち上げ手順の際にターゲットの絞り込みや設定が甘かったりすると、オウンドメディアに訪れる人が少なく、失敗してしまいます。

また、サイトに訪れる人が多くても、ターゲットの設定が不十分だと、集客することだけが目的ではなければ意味のないサイトになってしまうでしょう。

的確なターゲットに向けて集客するためにも、立ち上げの際に集客方法やターゲット設定を適切にすることが求められます。

目的を達成できない

オウンドメディアの立ち上げ目的として、集客や企業の知名度向上がメインのこともありますが、集客してから何かしらのアクションを求めることもあるでしょう。

たとえば、商品の購入やサービスへの登録、資料請求などが考えられます。

この部分もオウンドメディアの立ち上げ手順の中で、メディアの方向性やターゲット設定をうまくできていなければ、集客ができたとしてもアクションまで至らないことも多くあります。

最終的な目的を達成するための道筋から逆算して、適切な立ち上げ手順で制作し運用していかなければいけません。

効果や利益を得られない

オウンドメディアの集客に失敗すると目的が達成できず、オウンドメディアによる効果や利益を得ることもできません。

また、立ち上げのために発生した資金や運用コストだけがかかるだけという状態になってしまうこともあるでしょう。

立ち上げたオウンドメディアから利益や効果が得られない場合は、新しく作り直したり、再度オウンドメディアを立ち上げるための動きも難しくなります。

適切な期間や目標の設定をしていることが前提ですが、オウンドメディアを立ち上げてもプラスにならないのであればやったことは無駄になったと言えるでしょう。

不適切なサイトになってしまう

本来、オウンドメディアの立ち上げは企業の知名度向上や集客、サービスの利用促進などが目的です。

しかし、立ち上げの際にメディアの方向性や運用方針が不適切な場合、目的を達成することに不向きなサイトになってしまっているケースがあります。

企業にとって利益となるはずのオウンドメディアが、的外れで無意味なサイトになってしまっていては本末転倒です。

不適切なサイトであれば立ち上げる意味もなければ、運営する必要もないので、そうならないためにも立ち上げ手順が重要になるのです。

作っただけになってしまう

オウンドメディアの立ち上げに失敗したとしても、オウンドメディア立ち上げにかかる費用や維持のためのコストは発生しています。

また、作ること、立ち上げること自体が目的になってしまっている場合もあり、このような場合も完成して公開したら終わりという、ただのお飾りのサイトになっていることもあります。

オウンドメディアを立ち上げるのであれば、オウンドメディアから何らかの効果を得られるようにしなければ意味がありません。

ただ作っただけで終わらないように、しっかりと立ち上げ手順や目的を意識して実行しましょう。

オウンドメディア立ち上げ手順:サイト制作前の準備

オウンドメディアの立ち上げ手順を適切におこなうためには、オウンドメディアを作ろうと考えた際や実際に作り出す前段階の準備が重要です。

オウンドメディアを作ろうと考えて動き出す前に、どのような準備をすべきなのか見ていきましょう。

目的を明確にする

オウンドメディアを立ち上げる場合、以下のような具体的な目的を定める必要があります。

  • 企業の認知度を向上させる
  • 集客数や問い合わせ数を増やす
  • 企業の商品やサービスを宣伝する

たとえば、1年後のPV数を50%増やすなど、数字を含めることでより目的が具体的になります。

目的が定まっていなければ、オウンドメディアの制作や運用、コンテンツ展開をしていく中で運用方針が不明になり失敗してしまう可能性が高まります。

しかし、現実的ではない目的やスケジュールであるなど、無謀な目的であれば設定をしたとしても意味はありません。

まずは、現実的かつ適切な目的を決めた上で、オウンドメディアを立ち上げましょう。

開発方法を決める

開発方法を決めることで、オウンドメディアの立ち上げにかかる費用や期間についての目安になります。

大きく分けても、外注するのか、社内でオウンドメディアを立ち上げるのかで費用や期間も異なってきます。

また、外注先によっても費用は異なるため、比較検討する必要もあります。

社内で作るとしても、企業や人材によって費用や期間は変わってくるものです。

制作から公開までのスケジュールや運用スケジュール、かけられるコストなどさまざまな面から具体的にどう作るかを考えていきましょう。

メンバーやチームを整える

メンバーや運用チームを作成することで、オウンドメディアに注力することができ、定期的な更新ができます。

運用チームがない場合、誰かが別の仕事の隙間時間にサイトの更新をしなければなりませんし、サイトが放置される要因になるでしょう。

メンバーやチームで役割を分けたり、運用のPDCAサイクルをしっかりと回せるようにすることで、安定した運用が実現できます。

オウンドメディアに注力できずにいると、管理が曖昧になりSEO対策もうまくいかないでしょう。

SEOを意識し、企業の売り上げを伸ばすために作成するのであれば、立ち上げる際から運用チームを作成しましょう。

オウンドメディア立ち上げ手順:サイト内容やコンセプト設定

どのようなオウンドメディアにするのかというサイト内容やコンセプト設定をする必要があります。

サイト内容やコンセプト設定によって、目的を達成できるか否かや人員、コスト、コンテンツ展開などの部分にも影響が及びます。

特にオウンドメディアは明確な目的をもって制作し運用する必要があるサイトになるので重要なポイントです。

ペルソナを設定する

オウンドメディアのコンセプトを決めるためには、ペルソナが必要となります。

ペルソナとは、サイトを訪れる人物像のことであり、どのような悩みや疑問を抱えている人がサイトに訪問するのか、年齢や性格、ライフスタイルなどを細かく設定するものです。

ペルソナを設定することで、具体的にどのような人物やターゲットに向けてオウンドメディアを作成すればよいのか運用の指針となり、メディアやコンテンツの方向性も見えてきます。

オウンドメディアを立ち上げる際は、誰に向けて立ち上げるのか、具体的なペルソナを設定しましょう。

カスタマージャーニーを設計する

カスタマージャーニーとは、サイトに訪れるペルソナの行動をあらかじめ設定することです。

たとえば、以下のようにカスタマージャーニーを決めると、オウンドメディアのコンセプトも決まりやすくなります。

  • ペルソナ:オウンドメディアの作成を考えているが、どのように作成すればよいのか分からない
  • ペルソナの状況:社内で開発できる環境はないためできれば外注したい。まずは見積もりを検討し、費用などから慎重に選びたい。
  • ペルソナの思考:質が良く費用が節約できる方法はあるのか気になる。
  • ペルソナの行動:オウンドメディアの立ち上げ方法についてネット検索する。
  • ペルソナが欲しい情報:オウンドメディアの立ち上げ手順やサイト制作に必要な情報について
  • ペルソナが提供してほしいコンテンツ:オウンドメディアの立ち上げ方や、外注方法など

サイトに訪れるペルソナだけではなく、ペルソナの行動をあらかじめ決めておくことで、オウンドメディアのコンセプトも決まりやすくなり、方向性に迷うことも少なくなります。

カスタマージャーニーの設計は、ペルソナの動きをこちらでコントロールすることもでき、具体的に設定ができればオウンドメディアの成功にも繋がるでしょう。

サイトカテゴリーを決める

商品紹介のサイトなのか、それとも情報を提供する情報サイトなのか、サイト内容によってカテゴリは異なります。

サイト内のカテゴリーを設定することで、カテゴリーごとにどのようなコンテンツを作成すればよいのか指針になります。

カテゴリーが不適切な場合、サイト内のコンテンツや情報も乱雑になってしまうので、サイトの方向性がぶれやすくなるだけでなく、ユーザーに的確に情報を伝えることができません。

サイト設計はオウンドメディアに関わらず重要な要素であり、URL構造などサイトの内側の部分にも影響を強く及ぼすので、どのようなサイト構造にしていくかという視点と、コンテンツ展開の視点を持ってカテゴリーを考えていく必要があります。

オウンドメディアに必要な機能を決める

オウンドメディアのコンセプトやカテゴリを決めた後は、オウンドメディアに必要な機能を決めます。

たとえば、商品を発売したいと考えているのであれば、商品の閲覧や決済機能などが必要になりますし、人材を募集しているのであれば、応募や問い合わせフォームなども必要となるでしょう。

オウンドメディアを運営していく上で必要となる機能を決めることで、オウンドメディアの枠組みやコンバージョンへの導線も考えることができます。

オウンドメディアの更新頻度を決める

オウンドメディアの更新頻度を決めることで、どれくらいの費用や時間を掛けていくのかを試算することができます。

月に1度なのか毎日更新するのか、更新頻度によっては予算はもちろん、コンテンツの制作期間や人員数も異なってきます。

たとえば、記事制作を外注する場合、更新頻度や公開本数が多くなるほど月に発生する費用も高くなるため、立ち上げる際に更新頻度はある程度決めておく必要があります。

また、更新頻度は設定した目的や達成したい数値、達成までの期間によっても変わってくるので、予算とスケジュール、目的を客観的に考えて決めなければいけません。

コンテンツ内容やキーワードの選定

コンテンツを制作する上でキーワード選定は重要で、SEO対策という視点を持ったうえでなければ、オウンドメディアの成功は難しい部分があります。

また、目的やサイト方針はもちろんですが、コンテンツ制作はキーワード選定とも紐づけて考える必要もあります。

ターゲットユーザーやカスタマージャーニー、自社サービスの特性からコンテンツ内容とキーワードを適切に設定していきましょう。

オウンドメディア立ち上げ手順:サイト制作の実行

オウンドメディアの枠組みとコンテンツ内容が決定したら、実際に制作していきます。

サイト制作を実行をするための手順を確認していきましょう。

デザインを決める

オウンドメディアの制作を実行する場合、まずはオウンドメディアサイトのデザインを決定します。

デザインを決めるためには、以下の項目に注目しましょう。

  • 読者が読みやすいデザインか
  • 独自性のあるデザインか
  • 探しているコンテンツに出会いやすいデザインか
  • ターゲットの年齢層などにあったデザインか

サイトのデザインは、見た目にこだわるだけではなく、サイトに訪れるターゲットのニーズや使いやすさを考える必要もあります。

そのためには、社内で開発するのではなく外注することも念頭に置きましょう。

少しのデザインの違いによって、オウンドメディアのイメージが変わるため、慎重に進めることが大切です。

ディレクターを任命する

ディレクターは、サイト制作の管理や指示をする役割です。

サイト制作のスケジュールがどこまで進んでいるのか、制作されたコンテンツが公開される前に問題がないかを確認するなどサイト全体のディレクターとなるポジションです。

サイト制作とコンテンツ制作に関するディレクションでは求められる能力やスキルが異なるので、適切な人材を配置することが重要です。

デザインやコーディングなどの制作ポジションであれば、WEBディレクターとして経験や能力がある方を任命するといいでしょう。

コンテンツ制作に関してはコンテンツSEOの知見がある方や、文章に強い方、ライティング経験、編集経験がある方が適しています。

サイト制作を進める

デザインやトンマナなどが決まった後はディレクターや制作チームがサイト制作を進めます。

サイト制作を進めるためには、期間やスケジュールなどを調整することを忘れないようにしましょう。

「〇日までにコーディングを終わらせて、並行しながら記事の外注先を探す」など、運用チーム全員がスケジュールを共有できるよう、見える化することも大切です。

スムーズにサイトを公開するためにも、順調にサイト制作を進めることを念頭におきましょう。

コンテンツや記事を作成する

ペルソナから選定されたキーワードをもとに、コンテンツや記事を作成します。

社内で記事担当を設けるか、外注して記事を作成してもらうかなど、作成方法をあらかじめ決めておく必要があるでしょう。

たとえば、SEOを意識した記事を作成するのであれば、SEOに詳しい人材に作成を任せたほうが安心できます。

また、外注する際は報酬の計算方法も重要であり、記事単価なのか文字単価なのか、外注先と話し合うことも大切です。

記事の作成をすることで、オウンドメディアが更新され、より多くのユーザーの目に留まりやすくなります。

しかし、記事の内容がユーザーのニーズに対応していないものであったり、SEO対策がうまくいっていなければ、誰の目にも留まりません。

ペルソナを意識したキーワードで記事作成をしたうえで、SEO対策の部分も意識をしなければいけません。

記事を編集する

作成された記事を編集し、公開します。

編集の担当は、できれば会社の商品や企業に詳しい社内の従業員が適切です。

社内に適切な人材がいない場合は、編集ディレクターを外注するのもよいでしょう。

編集する際は、読みやすい文章になっているか、適切な内容になっているかなどに注目します。

SEO対策を意識していたり、自然検索からの流入獲得を目指しているのであれば、コンテンツSEOの知見がある方に確認をしてもらう、修正をしてもらう必要もあります。

記事に対する校正作業だけでなくSEO知見も必要になるため、記事を編集する際は適切な人材に依頼するようにしましょう。

オウンドメディア立ち上げ手順:運用開始

オウンドメディアの運用方法は、社内で運用する方法と外部に運用を代行してもらう方法がありますが、予算や管理しやすいかなど、さまざまな条件を考えた上で運用方法を選択しなければいけません。

オウンドメディアは立ち上げて終わりではなく、長期的に運用して資産化することが求められるものでもあります。

オウンドメディアの運用が不適切であれば、立ち上げでいくらコストをかけたとしても成功するものではありません。

オウンドメディアから成果を生み出すためにも、オウンドメディア運用開始後のポイントを見ていきましょう。

記事単位でペルソナを細かく決める

オウンドメディアの運用を成功させるためにも、ターゲットとなるペルソナは細かく設定することが大切です。

オウンドメディアを立ち上げる前に、すでにペルソナは設定しているはずですが、サイト全体のペルソナだけではなく記事単体のペルソナを設定することも重要となります。

記事によっては、サイト読者だけではなく検索キーワードから流入してくるユーザーを獲得することもできるでしょう。

また、ペルソナを大雑把に設定すると、「自分には当てはまっていない」と感じる読者が増えてしまい、オウンドメディアを訪れる人が減ってしまいます。

しかし、ペルソナを細かく設定すれば、「自分にぴったりの内容だ」と感じる人が増え、さらにオウンドメディアへの訪問者も増えるでしょう。

ペルソナを決める際は、ペルソナの年代や性別、性格や状況など、細かい設定を考えることが大切です。

キーワードをたくさん選定する

ペルソナをもとに選定したキーワードは、出来る限り多く選定することが大切です。

キーワードの種類が少ないと作成できる記事数が減少し、サイト訪問者も減ってしまいます。

キーワードは、オウンドメディアを立ち上げる前に決めていることが多いですが、記事のPV数やトレンドに合わせて、臨機応変にキーワードを選定するとよいでしょう。

また、さまざまなキーワードを選定したほうがペルソナの設定もしやすくなり、ユーザーの満足度も上がります。

オウンドメディアを長期的に運用するためには、ユーザーの満足度を下げないことが重要です。

キーワードを多く選定し、ときにはトレンドに合わせることで、ユーザーのニーズに対応しましょう。

データを分析する

コンテンツを作成して終わるだけではなく、データを分析し効果測定などをおこなう必要があります。

もちろん、記事単位だけでなくサイト全体のデータ分析も重要です。

Googleアナリティクスやサーチコンソールなどを利用し、効果的に分析しましょう。

分析した結果、検索順位が下がっている記事を発見した場合は、SEO対策をおこなったり、ユーザーのアクションに繋がっていないと判断した場合、導線の改善やコンテンツを充実させるなどの対応が必要になります。

オウンドメディアは立ち上げ手順と運用方法が成功を左右する

オウンドメディアを立ち上げるのであれば、失敗に終わることがないように立ち上げ手順は前もって入念に確認する必要があります。

また、オウンドメディアは立ち上げて終わりではなく、運用開始後も定期的に更新したり、データの分析をおこわなければなりません。

記事制作代行トドキジは、出版社とSEOのプロがオウンドメディアの立ち上げから制作、運用やコンテンツ制作についてもサポートします。

適切なオウンドメディアを立ち上げたいと考えているのであれば、トドキジにご相談ください。