オウンドメディアの必要性の中身はビジネス上の戦略の目的によって異なるため、目的を見失って無分別に運用すると成功への障壁となることもあります。

オウンドメディアの必要性について整理し、成功に向けて最適な選択をするためのポイントを探りましょう。

オウンドメディアの必要性は目的によって異なる

マーケティングにおけるオウンドメディアの効果が認知されるようになり、オウンドメディアの展開は戦略検討に際して代表的な方法となりました。

しかし、オウンドメディアの戦略的な運営を目指すには、対象のビジネスがどのような目的でオウンドメディアを必要とするのかを認識しなければなりません。

なぜなら、目的によって異なるオウンドメディアの必要性の中身が明らかになって初めて、目的を果たせているかという視点を失うことなくメディアの効果を正当に評価できるからです。

また、自身がコントロールできるメディア上で、自身の言葉で伝えられる状態が必要かどうかという視点もオウンドメディアの必要性を考える際に重要になってきます。

分析・フィードバック・改善を繰り返し、メディア戦略の効果を高めるよい循環を作る前提として、オウンドメディアの目的と必要性に対する理解を深めましょう。

目的別のオウンドメディアの必要性

まず、達成したい目的別に、オウンドメディアが必要とされる理由を整理しましょう。

潜在顧客からのリード獲得

潜在顧客からリードを獲得するには、顧客をコンバージョン(購買や問い合わせなど戦略的に促したい行動)へ誘導する仕組み作りが重要です。

このような仕組みを構築するには、顧客の興味やニーズに合致する情報の提供によって、購買意欲を刺激する取り組みが欠かせません。

そのため、ターゲット顧客にとって有益な情報を届けるオウンドメディアは、良質なリード獲得につながりやすいアプローチであると言えるでしょう。

ブランディングの強化

自社のプラットフォームであるオウンドメディアでは、デザインや発信方法などあらゆる点で独自色を打ち出しやすく、ブランディング強化に適しています。

例えば、オウンドメディアではブランドメッセージとデザインに常に一貫性を持たせることができます。

一貫したブランディングには企業の安定性や誠実さを感じさせ、顧客からの信頼性を高め、ブランドを認知させる効果が期待できます。

また、オウンドメディアはブランドストーリーを顧客と共有する理想的な場でもあります。

企業の歴史やビジョン、価値観などを語り共感を得ることによって、顧客のロイヤルティ向上につながるでしょう。

新規市場への参入や新製品の販売

新規市場に参入する企業は既存顧客を持たないため、いかに潜在顧客にメッセージを届けるかという難しい課題を乗り越えなければなりません。

コンテンツ提供を通じた潜在顧客の集客が可能なオウンドメディアは、新規市場における障壁を低くする方法として活用できます。

新製品の販売でも、オウンドメディアによって常に身近にターゲット顧客を集めることで、速やかな情報伝達によって需要を喚起できます。

専門性の共有

高度な専門性を求められるビジネス領域では、自社の専門性の高さを表現することが企業の価値向上につながります。

オウンドメディアで専門的なコンテンツを豊富に提供することで、顧客はその企業を業界のエキスパートと見なします。

こうして専門性を評価された企業は顧客への影響力を高め、競合に対して優位性をもつことができます。

ほかにはない深い知識や情報に基づく発信が継続できれば、自社を信頼する顧客が集客され、売上に直結するアプローチも受け入れられやすくなるでしょう。

メディアの収益化

メディア事業として収益化を狙う場合も、多様なルートで収入を得られるオウンドメディアが有利でしょう。

Webサイトでのオウンドメディアの収益化の方法としては、Googleアドセンスからの広告収入やアフィリエイトなどが代表的です。

さらに、オウンドメディアではより「有益な情報」に結びつく価値提供が行えるのも特徴で、例えば有料コンテンツの提供やイベント・セミナーなどの主催、コンサルティングやコーチングサービスの展開などが挙げられます。

採用活動の強化

オウンドメディアは企業の採用活動にも利用されるようになりました。

運営企業は求職者にとって役立つ発信を行うことで、採用したい人物像に沿う人々との接点を獲得します。

例えば、オウンドメディアを通じて企業文化や仕事環境、社員の声などを紹介したり、専門領域に踏み込んだ内容を発信したりするなど、求職者に企業の魅力を伝えることができます。

さらに、求職者と双方向的なやり取りができる設計を構築すれば、企業と求職者の間でコミュニティが形成され、より深いつながりを作ることもできるでしょう。

オウンドメディアの必要性を考えるポイント

オウンドメディアの運営を検討する際は、メディアの運営目的を明確にするとともに、自社にとってオウンドメディアが必要かどうか正しく判断することも重要です。

オウンドメディアの必要性の判断材料となる主なポイントについて見ていきましょう。

ターゲット顧客に価値を提供できるか

オウンドメディアは、顧客に対して有益な情報を通じた価値提供を行うことによって、ビジネスにおけるさまざまな目的を達成するためのツールです。

よって、オウンドメディアの必要性の判断には、「メディアを介して価値を提供できるかどうか」が最も重要な要素となります。

ターゲット顧客の明確な定義とニーズ分析によって、どのような情報が顧客にとって価値が高いか検討しましょう。

ビジネス領域が非常に狭く情報共有の必要性が低い場合、オウンドメディアの必要性はあまりない場合もあります。

他社メディアとの競争に勝てるか

競合他社がすでにオウンドメディアを運営している場合、新たに立ち上げる自社メディアはより高い価値を提供するか、異なる顧客ニーズに応える必要があります。

他社メディアが発信する情報の内容やターゲット層を調査・分析し、競合と渡り合えるメディアを構築できるかどうか考えましょう。

他社メディアがすでに市場で支配的なポジションを獲得しており、自社メディアへの集客の難易度があまりに高い場合などは、オウンドメディア以外の方法を検討する必要性もあるかもしれません。

リソースを確保できるか

オウンドメディア運営には、コンテンツ制作やWebサイト管理に多くの人手と時間が必要です。

さらに、良質なコンテンツを継続的かつ豊富に提供するには高いスキルが求められ、人材確保のためのコストもかかります。

価値を提供するために求められるコンテンツの内容や配信頻度を検討し、これを実現するために必要なリソースを確保できるかどうか確認しましょう。

長期的なマーケティング戦略を目的としているか

オウンドメディアの成果は通常、長期的に取り組みを継続することによって生まれるものです。

立ち上げ時のオウンドメディアは、即時に結果を得ることには基本的に向いていません。

しかし、メディアが軌道に乗った後は、時限的なキャンペーンなどへの誘導など、短期的な成果を狙うことも可能です。

将来的なリターンのための先行投資が可能かどうか、じっくりと取り組む考えを持っているかなどを検討しましょう。

ビジネスに広がりがあるか

ビジネス領域が広範であればあるほど、地理的制約のないメディア戦略のコストパフォーマンスは高まります。

日本全国や世界中の多くの人々への情報提供が求められる場合は、オウンドメディアはより効果的になるでしょう。

一方、狭いエリアに限られたビジネスでは、より効率的かつ効果的な情報発信の方法が存在する場合もあります。

また、エリアやジャンルの広さに応じてオウンドメディアをどの形態で作成するか、どのような運用をするかという点も考える必要があります。

必要性のあるオウンドメディアを制作しよう

ビジネスにおいてオウンドメディアが必要となる背景は、戦略上の目的によって異なり、目的が異なれば効果的なメディアのあり方にも違いが生じます。

また、なぜ自社のビジネスにオウンドメディアが必要なのか、必要性に対する十分な認識がなければ、メディア戦略を進めるにあたって正しい判断ができません。

自社にとっての必要性と目的に合ったメディア設計やコンテンツ制作を計画し、成果の上がるオウンドメディアを制作しましょう。

オウンドメディアの制作を検討しているのであれば「トドキジ」のご相談ください。

SEOと出版のプロの知見を活かした記事制作代行やオウンドメディアの制作運営のサポートをトドキジは提供しています。